やっぱり年明け初日には「ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート2012」を聴かねば

年が開けたって感じがしないですよね。まさに新年の一大イベントです。

…って、元旦に特番目白押しのテレビ番組の中で、あえて「Eテレ」を見るって方はどれだけいらっしゃるでしょうか。でもウィーン・フィル ニューイヤーコンサートはいいですよ、えぇ。毎年これを聴かないと一年が始まらないって感じがします(笑。

これって世界同時の衛星生中継ってのがいいですよね。世界中の皆で一つの音楽に耳を傾け、各々が今年の抱負、願いを持つひととき、って大事だと思います。おそらくアンコールの最後の一曲はやっぱり毎年恒例のあの定番の行進曲になると思うんですけど…今年は津波とかあったから自粛になっちゃうかも!?

さぁて、もうそろそろ始まるので、楽しみ楽しみー。

P.S.
いやぁ、今年は特によかったですね。初っ端からあの定番のフレーズが演奏されたんで、もう終わりかよ!とか思ったり、結構パクリいや失礼、聞き覚えのある名曲がアレンジされた作品ばかりの演奏で、楽しかったですね。また、小道具とかSE音とか今回も凝っていて、ニューイヤーコンサートらしい演出でよかったです。またバレエの映像の演出も凝っており、物語風になっていてよかったですね。もし見逃してしまった方も安心!まだ再放送が見られます。見てみたいなぁと思った方は是非どうぞ。

広告を非表示にする