読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKG K240Studioのイヤーパッドとヘッドホンケーブル交換

音楽

 をしようと思い、まずは、もう固くなりヒビ割れしていたイヤーパッドをもぎ取り、以前購入していた交換用イヤーパッドに付け替えました。今回初めて交換してみたのですが、ちょっとコツがいるみたいですね。でもこれで新品同様にふわふわです(笑。いやぁ、何年も愛用している製品だけに、交換部品があるってのはいいですねー。あとはヘッドホンケーブルですが、カールコードタイプとストレートコードタイプで迷ったのですが、結局のところ、ストレートを購入してしまいました(^^;。

 で、このAKGのストレートコードタイプのヘッドホンケーブル、実は購入は今回で2回目なのです。K240STに付属の最初のケーブルは、ミニXLR端子側の蛇腹部分が避けてしまって片耳だけ音が出なくなり、1回目に交換したケーブルは、蛇腹部分は気を付けていたため壊れなかったものの、今度はコードの途中で線がよじれてコード内部でショートしてしまったようで音が出なくなり…と散々な思いをしていたものなのです。なので、カールコードにしようとも考えたのですが…ユーザーレビューでカールコードは重いので肩が凝るとか書いてあったり、ちょっと離れたところでの線の取り回しなどが厄介かも…と考え込んでしまって踏み切れませんでした。とりあえず明日にはケーブルが届くので、今度は蛇腹もコードもよじれたりすることがないよう、気をつけて無駄な長さのコード部分は丸めて束ねて運用してみようと思います(笑。DTM用のモニターヘッドホンとして愛用しているだけに、今度こそ長持ちさせたいですね。

広告を非表示にする